邦ログ【邦楽×ブログ】

流行りのエンタメを中心にざっくり読みやすいブログを更新❗️

【2023年最注目】"注目の新星” 歌い手『青いおおかみ』って?

今回は『青いおおかみ(aoiookami)』さんをご紹介致します◎

2023年2月3日に自身初となるオリジナル楽曲『バイララバイ』をリリースし、2023年目が離せない歌い手です。

力強い高音から綺麗なファルセット。曲に応じての表現力や歌唱力はもちろん、ポテンシャルの高さにも脱帽です。

そんなオリジナル曲はこちらから!

『バイララバイ』/ 青いおおかみ(aoioookami)

linkco.re

music,lyric : ムウ 
ムウ(@m_w1129)さん / Twitter
mix : t.o.  
t.o.(@to_mix6831)さん / Twitter
illust : あおいあめ  
あおいあめ(@aoproo)さん / Twitter
movie : cell 
cell(@CellYT5)さん / Twitter

MV

バイララバイ / 青いおおかみ Music Video - YouTube

 

それでは今までの投稿作品を振り返りながら魅力に迫っていきましょう◎

青いおおかみって?

しろくまさんだよ (@1_Sirokuma1) / Twitter

青いおおかみ / aoiookami

YouTubeTiktokを中心として活動する歌い手。
YouTubeのチャンネル登録者数は1300人 / TikTokのフォロワーは3525人(2023年2月3日現在)
Twitterでの活動にも基盤を置いており、Twitterのフォロワーも1000人を突破し様々な界隈から注目を集めている。
一番の魅力は力強い高音と幅広い楽曲を歌いあげる歌唱力。
2021年11月に公開されたマーシャルマキシマイザーのカバー動画が反響を呼び注目を集める。
20歳の学生であることを公言しており、学業などと並行して活動を行っている。
Twitterではカラオケ動画のツイートや食のツイートなど日常も垣間見れることから、多くのファンがついている。

おすすめ投稿曲ランキング

【第一位『阿修羅ちゃん』】

youtu.be

『かっこいい』の一言で収まらない。圧倒される歌唱力。繊細なアレンジ。

気づいた時にはもう一度再生ボタンを押している。魅力が詰まった一曲。

何よりも本人が楽しく歌うその姿勢は画面を超えて多くの人の心を動かしているだろう。難易度の高いこの楽曲を歌いあげる歌唱力にも注目。

 

【第二位『カルチャ』】

youtu.be

なんと言ってもサビの張り上げと高音。綺麗で繊細ながらも声量を強く感じる。

Cメロのアルファベットの部分にも注目。韻の踏み方も軽快で鋭く、思わずノッてしまう。語尾の力強さ、ラスサビでの畳みかけ、全てが圧巻。

 

【第三位『マーシャルマキシマイザー』】

youtu.be

出だしから心躍る歌声。圧巻のMIXと表現力。決して簡単とは言えないこの楽曲を巧みに歌いこなす歌唱力。サビ前のワクワク感からサビの爆発にかけて聴き手を掴んで離さない。曲の最後まで魅了し続けるのは彼女の実力だろう。

オリジナルのMVやクスッと笑える概要欄にも注目。

Twitterではこの曲で話題を集め、多くの反応が寄せられている。

 

 

最後に

今回は、『青いおおかみ』さんをご紹介致しました◎

今後も目が離せない歌い手の一人です!他の投稿曲やTwitterTikTokでしか見れない投稿なども是非、チェックしてみてください!

リリースされた新曲について下記の方に再度まとめましたので、気になった方は是非チェックしてみてください◎

2023年2月3日 0:00 リリース 

『バイララバイ』/ 青いおおかみ(aoiookami)

linkco.re

 

・青いおおかみ / aoiookami 公式Youtube

www.youtube.com

 

・青いおおかみ / aoiookami 公式Twitter

twitter.com

 

邦ログでは一分間でサクッと読める邦楽の記事を日々更新中です◎
執筆のご依頼やリクエストなどは管理人Twitterまでお願いします!✉

【管理人Twitter

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【2023年最注目バンド】”ポップとマイナーの境界線”『Dannie May』って?

こんにちは!こんばんは!今回は『Dannie May』をご紹介致します!

近年注目を集めており、今年注目のバンドでもあります◎

そんな彼らを見ていきましょう!

 

Dannie Mayって?

-ポップとマイナーの境界線-

3人が織りなすボーカルワークに幅広いサウンドエッセンスと映像/デザインなどのアートセンスを加えて現代版のポップスにアップデートし、ポップとマイナーを上手にブレンドした新感覚の極上ボーカルワークバンドDannie May(読み方:ダニーメイ)
同じボーカルグループで活動していたVo./Gt.:マサ、 Vo./key.:田中タリラ、過去に別のボーカルグループに所属や映像クリエイターとして活動していたCho.兼クリエイター:Yunoの3人により2019年結成。初めてのフィジカルCD作品、EP「暴食(読み方:グラトニー)」がタワーレコードの未流通リリース企画「タワクル」で4週連続1位獲得や楽曲「灰々(読み方:ハイバイ)がJ-WAVESONAR TRAX」に選曲や初ワンマンライブ(2021年11月28日@渋谷WWW)が開催の4ヶ月前にソールドアウトなるなど、注目を浴びている。
ユニット名のDannie Mayとは、架空の人物としてDannie(外国人男性の名前)とMay(日本人女子の名前)を掛け合わせた造語(架空の人物)とし命名

 

【管理人から一言】

非常におしゃれなバンドです。Jポップな要素にシティポップな要素も組み合わさった楽曲が軸で幅広い楽曲を展開しています。今までの『バンド』と呼ばれる枠を超えた楽曲や演奏に注目のバンドです!

今回もおすすめ楽曲ランキングを通しながら見ていきましょう!

 

おすすめ楽曲ランキング

 

【第一位『ユートピア』】

youtu.be

曲の枠や世界観がロックの枠を超えていることに気づくだろう。

彼らの良さを凝縮した一曲。

【第二位『めいびー』】

youtu.be

楽曲公開後SNSなどを中心に話題になった楽曲。

明るく、多彩な楽器が使われた楽曲。癖になるリズムとメロディー展開。

そっと心に寄り添ってくれる歌詞にも注目。実写のMVの見ごたえも凄く、是非ご覧いただきたい。

 

【第三位『ええじゃないか』】

youtu.be

再生回数が100万回を超えた代表曲。癖になるリズム。前述の二曲とは一味違った雰囲気であり、一度聴いたら忘れられない。重厚で細かく描かれたアニメーションMVにも注目。

 

最後に

今回はDannie Mayをご紹介致しました!今後も活躍していくこと間違いなしです◎

バリエーションに富んだ楽曲が非常に魅力的ですので、他の楽曲も是非聴いてみてください!

それでは、また!

 

 

邦ログでは一分間でサクッと読める記事を日々更新中です◎
執筆のご依頼やリクエストなどは管理人Twitterまでよろしくお願い致します◎

 

 

・Dannie May 公式YouTube

Dannie May - YouTube

 

・Dannie May 公式サイト

Dannie May Official Web Site

 

 

・邦ログ管理人Twitter

ゆーいち。@邦ログ(@oioi_yuichi)さん / Twitter

 

 

【メジャーデビュー】止まらないガールズロック。『カネヨリマサル』って?

こんにちは!こんばんは!今回は『カネヨリマサル』をご紹介致します!

先日メジャーデビューも決定し、今後活躍していくこと間違いなしのバンドです◎

 

カネヨリマサルって?

カネヨリマサル、3rd Mini Album「突き動かされてく僕たちは、」リリースパーティ決定 | E-TALENTBANK co.,ltd.

「青春ロックを追い続ける」 大阪を拠点に活動するガールズ3ピースロックバンド。

2014年 3月 結成

2019年10月、ビクターエンタテインメント「Getting Better Records」×「TRUST RECORDS」による
共同インディーズレーベル「D.T.O.30.」(DON‘T TRUST OVER 30.)よりMini Al「かけがえなくなりたい」を発売。

2022年5月にはバンド初の東京・大阪ワンマンライブを開催し、両公演SOLD OUT!!!!

そして2023年1月25日(水) 1st Full Album「わたしのノクターン」にて
ビクターエンタテインメント Getting Better Recordsよりメジャーデビュー決定!

こころの動きに寄り添って、思ったことを演奏していく、日記みたいなバンドです。 

 

【管理人から一言】

昨年、ライブハウスで彼女達を見ましたが、音楽に対する熱量も曲や歌の精度や練度も非常に良く、圧倒された記憶があります。比較的恋愛の歌詞が多く、心の動かされるメッセージ性の強い楽曲が特徴です。メジャーシーンにおいても人気を獲得していくこと間違いなしです。

 

おすすめ楽曲ランキング

【第一位『二人』】

youtu.be

『こんな二人で居たい』彼女目線で描かれた幸せな一曲。儚く、不安な部分も表現された歌詞とメロディー展開。心を揺さぶる高まっていくサビ。

『君の心の真ん中に映る人が私でありますように』という歌詞からも彼女側の気持ちが溢れている。

 

【第二位『関係のない人』】

youtu.be

キャッチーで癖になるギターが軸のメロディー展開。『刺さる』『共感する』とSNSで歌詞が話題を呼び、カネヨリマサルの代表曲の一曲となった。『ただ貴方に好かれたい』そんな女子の気持ちを綺麗に代弁している楽曲だろう。

 

【第三位『26』】

youtu.be

2023年1月に発売されたメジャーアルバムより。

切なく儚い失恋ソング。綺麗で繊細な高音の中に潜む力強さ、リアルな歌詞の描写。

聴き終わる頃には頬を涙が伝う。彼女達の演奏技術の高さ、メロディーとワードのセンス。全てが詰まった一曲だといえる。

 

 

最後に

今回は『カネヨリマサル』をご紹介致しました!

メジャーデビューを終え、主要なフェスやメディアでの活躍も非常に楽しみです!

幅広い楽曲を展開しているので、是非他の楽曲も聴いてみてください◎

 

それでは!また!

 

 

邦ログでは、一分間でサクッと読める記事を日々更新しています◎
記事のご依頼やリクエストなどは、管理人Twitterまでお願い致します!

 

・カネヨリマサル 公式YouTube

カネヨリマサル - YouTube

 

・カネヨリマサル 公式サイト

カネヨリマサル|カネヨリマサル オフィシャルサイト (kaneyorimasaru.com)

 

・カネヨリマサル 公式Twitter

カネヨリマサル(@kaneyorimasaru)さん / Twitter

 

・筆者情報

『ゆーいち。』

邦ログの管理人。音楽キュレーター。年間90本以上のライブやイベントなどに参加をし、インディーズやメジャーデビューを控えているアーティストをSNS上紹介している。アーティストのマネジメントやプロモーションなどの仕事もフリーランスとして活躍している。

コスメや服などの発信もしており、ジャンルを問わず様々な発信をしている。

 

 

 

 

【インディーズでSpotify1位⁉】”2023年” 注目の『落合渉』って?

こんにちは!こんばんは!今回は『落合渉』をご紹介致します◎

普段の記事はバンドが中心ですが、今回はシンガーソングライターの方にスポットライトを当てていきたいと思います◎

Tiktokなどの主要SNSでは優里や川崎鷹也などギター一本と歌で有名になった方も多く、落合渉もその一人です。

 

落合渉って?

落合渉、「全力宣言」を配信開始|THE MAGAZINE

 

名前:落合渉(おちあいわたる)
生年月日:1994年4月3日
年齢:26歳(2020年1月時点)
出身地:大阪府吹田市(生まれは広島県)
職業:シンガーソングライター

無所属かつインディーズながらも楽曲「君が隣にいることいつか当たり前になってさ」がSpotify日本バイラルトップで1位。LINEミュージックでも上位にランキングインし今注目を集めるシンガーソングライターです。

 

おすすめ楽曲ランキング

【第一位『バースデーソング』】

youtu.be

誕生日を祝う、素直でまっすぐな楽曲。楽曲公開後、誕生日動画などで楽曲が使用され、Tiktokなど主要SNSを中心に話題を集め、人気の楽曲となった。前奏なくはじまる楽曲の構成と曲の短さから、誕生日動画などに使用されやすくなったと考えられる。

落合渉を人気にした楽曲に一つだ。

 

【第二位『君が隣にいることいつか当たり前になってさ』】

youtu.be

彼氏目線で描かれた珠玉のラブソング。シンガーソングライターの象徴でもあるアコースティックギターを軸としたメロディーにピアノも合わさり、心を揺さぶる。

どこか自信のなさげな主人公の目線で紡がれる歌詞はキュッと心を締め付けられる。

君が隣にいることが当たり前になったときという視点で書かれた歌詞は多くの人の共感を集めMVは100万回再生を超える大ヒットとなった。

 

【第三位『僕の人生最後の人は君だと決めているんだよ』】

youtu.be

エレキギターを軸としたポップな曲展開が特徴のある楽曲。

彼女愛溢れる彼氏の目線で描かれた歌詞はキュンキュンが止まらない。

彼女がいる方は共感することが間違いなし。

 

最後に

今回は落合渉をご紹介致しました!!

楽曲の幅も広く非常に魅力溢れるアーティストです◎是非他の楽曲も聴いてみてください◎

それでは!また!

 

 

邦ログでは一分でサクッと読める記事を日々更新中です◎
お仕事のご依頼や執筆リクエストなどは管理人Twitterまでお願いします!

 

・落合渉YouTube

落合渉 - YouTube

 

・落合渉Twitter

落合渉(@ochiai_official)さん / Twitter

 

 

【傷口を埋めるバンド】”2023年止まらない”大注目のバンド『LUCCI』って?

こんにちは!こんばんは!今回は『LUCCI』をご紹介致します!!

2023年知っておきたいバンドです!一緒に見ていきましょう!!

1分間でサクッと読めます◎

 

LUCCIって?

【以下公式ホームページより】(ライター/峯岸利恵)

L to R

Ba/Cho 川村純平(Kawamura Junpei)

Vo/Gt 三浦弦太 (Miura Genta)

Dr/Cho 長崎慎 (Nagasaki Makoto)

 

名古屋を拠点にして全国で活動する、TRUST RECORDS所属の4人組日本語ギターロックバンド・LUCCI。

彼らの音楽を初めて聴いた時に浮かんだ感情は、「懐かしい」だった。

初めて出会ったのに懐かしいだなんて可笑しな話だけれど、

ホームページのバイオグラフィを覗きに来たあなたもきっと、

少なからず似た気持ちを抱いてこのページに飛んできたのだと思う。

 

高すぎず低すぎず、耳の穴に丁度良くはまる歌声。

激しすぎず緩すぎず、聴きながら歩くのに丁度良いビート。

強すぎず柔らかすぎず、突き刺さるというよりは背中を押してくれる丁度良い言葉選び。

そんな心の真ん中に真っ直ぐ届く、真面目で真っ当な想いが込められた曲を前にして、

本音を隠して偽り続ける必要なんてないし、彼らもきっとそれを求めていない。

弱さを委ねられるその安心感こそ、彼らに懐かしさを感じる一番の理由だ。

 

けれど、甘やかすばかりが役目じゃない。

頭では分かっているけれど、言えない、やらない、また今度。

「もう宿題やったの?」という鋭い一言を掛けてもらえてやっと動けることが

恥ずかしいことに幾つになっても沢山あるし、むしろ年々増えていく気がする。

優しさの中に仕込まれた鋭い言葉やメロディにはその一言に通じる力があるし、

足元ばかり見て丸まった背中をしゃんと伸ばしてくれる。

いつだって「いってらっしゃい」と背中を押して、「おかえりなさい」と迎えてくれる。

LUCCIはそんな温かい音楽を鳴らす、まるで実家のようなバンドだと思う。

【管理人から一言】

彼らの魅力はなんといっても『心躍る楽曲』と『笑顔』。優し気な歌詞や歌に潜む、彼らのポテンシャルの高さや熱い気持ちに圧倒されます。今回もおすすめ楽曲ランキングを通して一緒に見ていきましょう~!

 

おすすめ楽曲ランキング

【第一位『バンドエイド』】

youtu.be

前奏無しにはじまり、疾走感のあるメロディー。メンバー三人全員が歌唱するハーモニーに一度聴いたらグッと掴まれること間違いなし。流行りの曲構成はもちろん、彼らの歌声やメロディーがTiktokを中心に反響を呼び、10万回再生を超えるヒットとなった。

 

【第二位『愛は真心、恋は下心』】

youtu.be

すっと入ってくる歌声、繊細で情景が浮かぶ歌詞。

『愛は真心、恋は下心 「私の好きなあなたでいて欲しいの」

求めてしまうばかりじゃ愛とは呼べないな 付かず離れず 一緒にいようよ』

暖かく素直な歌詞が反響を呼び、代表曲の1つとなった。ポップで疾走感のある『バンドエイド』とは違い、LUCCIの曲幅の広さも伺える。

 

 

【第三位『初恋』】

youtu.be

前奏無しではじまる流行りの構成。ワンフレーズ目で心をぎゅっと握られる。元彼氏に対して、未練がない振りをする女の子の目線で歌詞が描かれており、曲調も暗くなさすぎず、適度な疾走感と明るさを併せ持っている。

 

最後に

今回は『LUCCI』をご紹介致しました!

活動歴も長い中で名曲も多く、非常に魅力のあるバンドです◎

是非、他の楽曲も聴いてみてください!

それでは、また!

 

 

邦ログでは、1分間でサクッと読める記事を定期的に更新しています◎
お仕事や執筆依頼は管理人Twitterまで◎

 

 

・LUCCI 公式サイト

LUCCI OFFICIAL WEBSITE (lucci-nagoya.com)

 

 

 

 

【POPS×バンド?】”2023年最注目”のバンド『パーカーズ』って?

こんにちは!こんんばん!今回は、『パーカーズ』をご紹介致します!

2023年最も目を離せないバンドです◎

それでは一緒に見ていきましょう!

 

パーカーズって?

 

2021年3月結成

POPS日本代表

 

豊田賢一郎 (Gt/Vo)

ねたろ (Gt/Cho)

ナオキ (Gt)

フカツ (Dr)

【管理人から一言】

結成からわずか一年で注目を集め、人気急上昇中のバンドです。

『POPS日本代表』という公式のキャッチコピーにもあるように非常に明るく聴きやすい楽曲が特徴的です。聴いていて楽しくなれるPOPさと、さらっと流したいメロディーがクセになります。日常の生活の中で聴いていたい、聴きやすい楽曲が多く、彼らが人気になってきた理由も分かります◎

さて、今回も恒例のおすすめ楽曲ランキングをベースに見ていきましょう!

 

おすすめ楽曲ランキング

【第一位『運命の人』】

youtu.be

『運命の人』と繰り返される歌詞に注目。明るくメッセージ性の強い曲。楽曲公開後Tiktokなどの主要SNSで広まり、代表曲の1つになった。『運命の人』というかなり広い意味を持つタイトルだが、パーカーズらしいどこか暖かく、傍にいてくれるようなメロディーに注目。

 

【第二位『Good bye』】

youtu.be

サビではじまる、流行りの構成でありながら、ワードセンスやメロディーからは、POPS日本代表を語る彼らだからこそ出せる『エモさ』が詰まっている。聴きやすさとリピートのしやすさから、初のMVにも関わらず1万回再生を超え、彼らの実力を世の中に広めた一曲となった。遊園地を舞台に展開されるMVもどこか懐かしく、あたたかい世界が表現されており、楽曲の世界観とマッチしている。

 

 

【第三位『こんな夏がいい』】

youtu.be

パーカーズの持ち味でもある、詩の展開の仕方が詰まった楽曲。『こんな夏がいい』という言葉で曲ははじまり、実際にどんな夏がいいか歌詞が展開されていく。POPSを重視しているメロディーの聴きやすさはもちろん、だれもが共感する夏の歌詞がさらに楽曲を彩る。夏の昼下がり、夏休みの前。色々な場面で聴きたい楽曲である。

 

最後に

今回は『パーカーズ』をご紹介致しました!2023年最も注目のバンドです。是非これからの活躍もチェックしてみてください◎ 他の楽曲なども非常に彼らの良さが溢れていますので、要チェックです!

それでは、また!

 

 

邦ログでは1分でサクッと読める記事を日々更新中です◎
お仕事やリクエスト、記事のご依頼などは管理人Twitterまでよろしくお願い致します◎

・公式YouTube

パーカーズ - YouTube

 

・Eggs

パーカーズ(perker_s)のEggsページ|インディーズバンド音楽配信サイトEggs

 

 

・公式Twitter

パーカーズ(@perker_s)さん / Twitter

 

 

 

【紅白歌合戦出場】話題の『Saucy dog』はこんなバンドだ!!

こんにちは!こんばんは!

ついにSaucy dogを紹介する日が来ました。紅白歌合戦にも出場し、注目を集めている彼らですが、改めてどんなバンドなのかを皆さんと一緒に見ていきましょう!

武道館二日間と対バンツアーも行かせて頂いた管理人の愛溢れる記事いきますよ~◎

 

Saucy dogって?

220421_0848_03_s.jpg

2013年11月16日
Saucy Dog結成
2015年12月26日

前メンバーが脱退しボーカルのみの活動になる。
2016年4月3日
ベーシスト「秋澤和貴」がメンバー加入。新メンバーになり自主企画で初ライブを行う。(@堺東Goith 250人SOLD OUT) Saucy Dog再始動。
2016年8月2日

自主制作最後の音源 1stE.P.〝あしあと〟を会場限定で発売開始。サポートドラマーだった「せとゆいか」が正式にメンバー加入。1st E.P.リリースツアー『たどる』では全国約30ヶ所でライブを行う。
2016年12月4日

MASH FIGT vol.5グランプリ受賞
2016年12月27日
1st E.P.あしあとより〝いつか〟のMVを公開
2017年1月13日
『たどる』Tour ツアーファイナルを阿倍野ROCKTOWNで開催

2017年1月15日
MASHROOM2017出場
2017年5月24日
初全国流通作品1st mini Album「カントリーロード」発売
2017年9月
カントリーロード RELEASE TOUR FINAL SERIES "ずっと 〜東名阪対バンツアー〜"」を開催。江坂MUSE、名古屋UPSET、渋谷TSUTAYA O-Crestにて開催し、全箇所SOLD OUT。
2018年1月

カントリーロード RELEASE TOUR FINAL SERIES "もっと 〜東名阪対バンツアー〜"」を東名阪にて開催し、全箇所SOLD OUT。

2018年2月・3月
スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2018」に出演。福岡・札幌・仙台・新潟・大阪・東京公演がSOLD OUT。
2018年3月7日
配信Single「真昼の月」をリリース。発売初日iTunesロックランキング8位にランクイン。
2018年5月24日

2nd mini Album「サラダデイズ」発売
2018年6月
初のワンマンツアー「one-one tour2018」を開催。追加公演を含む全国11箇所が即日SOLD OUT。
2018年9月
「one-one tour 2018" Live at Shibuya WWW 07.11」配信リリース。ロケット、世界の果てのライブ音源を配信。

2018年10月
「ワンダフルツアー2018」対バン篇を開催。全国15箇所開催し、即日SOLD OUT。
2018年11月・12月

「ワンダフルツアー2018」ワンマン篇を開催。全国10会場で開催し、全箇所即日SOLD OUT。
今ツアーは対バン篇を含めた25会場を全箇所大盛況で幕を閉じる。

2019年4月
大阪城音楽堂日比谷野外音楽堂にてワンマンライブ「YAON de WAOOON」を開催決定。自主公演では共に自身最大キャパでのワンマンライブ。即日SOLD OUT、大盛況にて幕を閉じる。
2019年7月

東名阪にてTwo-Man Live「One-Step Tour」を開催。ゲストに先輩バンドを迎え対バン形式で開催。大阪BIGCATには「04 Limited Sazabys」、名古屋ダイアモンドホールには「クリープハイプ」、Zepp DiverCity(TOKYO)には「SUPER BEAVER」を迎え、各日即日SOLD OUT。大盛況にて幕を閉じる。
2019年10月2日
1年半ぶりのリリースとなる New Mini AL「ブルーピリオド」が発売
2019年10月

「ブルーピリオド」の発売を記念してブルーピリオド Release tour「いつだって今日がはじまりツアー」を開催が決定。全会場SOLD OUT。
2019年12月18日
初の映像作品「LIVE DVD & Blu-ray「YAON de WAOOON」2019.4.30 日比谷野外音楽堂」発売。
2020年3月
LINE CUBE SHIBUYA、大阪 オリックス劇場愛知 名古屋市公会堂の3会場にて開催予定だった「はじめてのホールツアー」が新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い全公演を開催中止
2020年6月
全国15会場にて開催予定だった 「Saucy Dog対バンツアー2020 "サバイブエピソード”」が新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い全公演を開催中止。

2020年9月4日

4th mini Album「テイクミー」発売。
2020年9月
4th mini Album「テイクミー」を引き提げ リリースツアー「Saucy Dog one-man tour 2020 " We will take you "」を開催、全9公演SOLD OUT。
2021年2月5日
Saucy Dog史上初の日本武道館にて「Saucy Dog one-man live “ send for you ”」開催決定。
2021年2月・3月
Saucy Dog 対バンイベント 「リベンジエピソード」を2月6日に日本武道館、3月31日に大阪なんばHatchにて開催決定。
2021年8月25日
5th mini Album「レイジーサンデー」発売。同日に同年にて開催された初日本武道館ワンマン公演の模様を収録した映像作品「LIVE DVD & Blu-ray「send for you」2021.2.5 日本武道館」を発売。
2021年9月〜12月
Saucy Dog初のホールツアー「今度こそ、はじめてのホールツアー」を全国10箇所12公演を開催。大盛況にて幕を閉じる。
2021年12月17日
digital single 「あぁ、もう。」発売

2022年1月26日
digital single 「ノンフィクション」発売
2022年6月
Saucy Dog 初の東名阪アリーナツアーを、日本武道館(2days)、名古屋ガイシホール、大阪城ホールにて開催決定。

 

【管理人から一言】

2022年秋冬には対バンツアー、来年春にもライブツアーと今最前線を走るバンドです。

『シンデレラボーイ』公開後徐々にSNSを中心に話題となり、今に至ります。しかし、活動自体は順風満帆なわけではなく、様々な紆余曲折を乗り越え、ここまできました。

そして、2022年の紅白歌合戦に出場を決めました。高校サッカーのタイアップ曲など、来季の活動もすでに忙しそうな彼らですが、これからの活躍に期待です。

 

【紅白裏話】

昨年の紅白歌合戦に出場を逃した際、Vo石原の叔母が『慎ちゃんはいつ紅白にでるのかねえ』と言っていたことを石原自身がツイートしており、待望の紅白出場であることが分かる。

 

メンバー

Vo/Gt 石原 慎也

誕生日: 3月3日
出身地: 島根県
好物: トマトジュース

・抜群のハイトーンボイスの持ち主。活動の年数を重ねるごとにルックスが磨かれ、インスタライブやTikTokなどで甘いルックスが話題に。圧倒的な歌唱力と作詞作曲のセンスはもちろん、ギターの演奏技術も業界屈指。

 

Ba 秋澤 和貴

誕生日: 12月18日
出身地: 高知県

・ベースの演奏技術は業界屈指であり、近年ではコーラスも主力的に担当。

のほほんとした性格で、ライブでのMCは非常にほっこりする。

 

 

Dr/Cho せと ゆいか

誕生日: 1月22日
出身地: 奈良県
好物: 甘いもの

・バンドグッズやアパレルも手掛け、ドラム以外の面でもバンドを支える心臓となっている。ドラムの技術はもちろん、コーラスとしてSaucy dogの曲を支えている。

 

おすすめ楽曲ランキング

【第一位『月に住む君』】

youtu.be

儚く綺麗なタイトル。遠く離れた君に向けた歌。夜空、月を見上げる主人公の目線で展開される歌詞に思わず涙してしまうだろう。感情に揺さぶりをかけるコード進行。石原が紡ぐ繊細な歌詞に注目。

 

【第二位『BLUE』】

youtu.be

そっと寄り添い背中をさすってくれるような楽曲。

サビの歌詞には誰もが共感する。『誰にも愛されなくても』というフレーズからもこの曲の強さが分かる。今回はそんな楽曲のライブ映像をピックアップ。臨場感も含め、ライブならではの良さを体感してほしい。2022年の武道館ライブでは一曲目としてこの楽曲を歌っていた為、石原のこの曲に託す思いも伺える。

 

【第三位『シーグラス』】

youtu.be

『あのね、海岸線』で歌い出す曲など他にあるだろか。

石原の抜群のワードセンスで展開されるこの楽曲は聴く人の心ぎゅっと掴む。

海岸沿いを走っているような爽やかさもありながら、繊細な描写で二人の思い出と別れが描かれている。綺麗なハイトーンと間奏からのCメロに至るまで綿密に練られた楽曲であるといえる。

 

最後に

今回はSaucy dogをご紹介致しました!

紅白以降の活躍も本当に楽しみですね◎

他にも様々な楽曲がありますので、お使いの音楽アプリから是非聴いてみてください!

Saucy愛を語りたいとこですが、今回はこの辺で!

それでは、また!

 

 

邦ログでは一分でサクッと読める記事を日々更新中です◎
お仕事や執筆のリクエストなどは管理人Twitterまでよろしくお願い致します◎

【公式サイト】

Saucy Dog Official Site

 

【公式YouTube

Saucy Dog - YouTube

 

【公式Twitter

Saucy Dog(@saucydog_offi)さん / Twitter