邦ログ / 邦ロック&邦楽 まとめ

流行りのエンタメを中心にざっくり読みやすいブログを更新❗️

今話題の『KALMA』って?”親世代”も共感する青春バンド!?

『夏の季節がやってきました~!管理人は昨日ロッキンが落選してしまい、とても落ち込んでいます…さて、そんなことはさておき、今回は『KALMA』をご紹介致します!今年のロッキンにも出場が決まったアーティストですね!名前は聞いたことあるけど、、、という方も1分でKALMAについて詳しくなれます!!それでは行きましょう!!

 

KALMAって?

 

2016年4月に札幌で結成。メンバー全員が2000年生まれ、北海道出身・在住の3ピースロックバンド。
どこか懐かしさを感じさせる印象的なメロディと、エネルギッシュで躍動感のあるライブが持ち味。

2018年5月よりタワーレコード札幌ピヴォ店のみで販売を始めた自主制作CD『少年から』が、同店の週間インディーズチャートで1位を獲得。7月には北海道の大型音楽フェス「JOIN ALIVE」への史上初の高校生での出演をはじめ、同年11月にリリースした
初の全国流通盤ミニアルバム『イノセント・デイズ』はロングセールスを記録中。

2019年1月から 半年間にわたって、高校生としては異例の地元北海道のラジオ番組AIR-G'「FM ROCK KIDS」レギュラーを担当、5月には「FM802 30PARTY Rockin’ Radio オープニングアクトオーディション」で見事1位を獲得し、大阪城野音にて、今を代表するアーティストが出揃う中でオープニングアクトを務めた。

2020年3月4日に、ミニアルバム『TEEN TEEN TEEN』でメジャー・デビュー。
同作は第13回CDショップ大賞2021にノミネートされ話題を呼んだ。
また、TikTokから火がついた同作収録の「わがまま」は動画の投稿数が12,000件、
楽曲が使用された動画は累計2億回再生を超えるなど、若者を中心に人気を集めている。

2021年10月には初となるフルアルバム『ミレニアム・ヒーロー』をリリースし、
過去最大規模のワンマンツアーを実施するなど、精力的に活動中。

 

 

 

【管理人から一言】

2022年は若者たち(日比谷野外音楽堂)やロッキン(千葉曽我)など、主要のフェスにも引っ張りだこ。牛角のCMに楽曲が使用されたりするなど、幅広い活躍をしている。レーベルはビクターエンターテイメント。

 

畑山悠月

 

Gt.Vo。2000年11月19日生まれ。心に刺さる声と、ニコニコで歌う姿はライブでは必見。青いという言葉が一番似合うといっても過言ではないぐらい、爽やかで青々しい歌詞を書いている。

 

斉藤陸斗

Ba.。2000年9月29日生まれ。嫌いな食べ物は、キノコ、メンマ、カニカマ。

 

 

金田竜也

 

Dr.。2000年7月19日生まれ。メンバーの中でも見た目がイカツイが、結構大人しい。なかやまきんに君のファン。

 

KALMAのおすすめ曲ランキング

第1位『これでいいんだ』

 

わがままじゃないの!?と思った方も多いと思いますが、この曲がダントツでKALMAの良さが詰まっています。若さなりの失恋や失敗の経験が描かれた歌詞。エネルギッシュなメロディー。今を走る若者にも、懐かしいと感じるであろう大人にも深く刺さります。

 

第2位『夏の奇跡』

youtu.be

夏フェスで必ず歌うであろう一曲。疾走感あるメロディーに、バンドとは思えないストリングスが軸の楽曲になっています。波の満ち引きや夏特融の暖かい風が聴くだけで感じられる曲です。これを聴けば、忘れられない夏になること間違いなし。

 

第3位『わがまま』

youtu.be

お待たせしました。わがままです。キャッチーなメロディーと、どこか可愛げのある主人公の視点で描かれた歌詞で、とても耳に残る楽曲です。

 

最後に

さて、今回はKALMAをざっくり紹介しました!!一度は聴いたことのある楽曲が他にもあると思うので、これを機にぜひKALMAの世界に浸ってみてください!

若者だけではなく、その青々しさや疾走感は年代問わず、幅広い方に愛されています。

これからの活躍にも期待です!!

今夜は焼肉にしようかなあ。では!また!

 

【KALMA公式Twitter

KALMA(@karma_0527)さん / Twitter

 

【KALMA公式ホームページ】

KALMA OFFICIAL SITE (kalma-official.com)

 

【KALMA公式YouTube

KALMA - YouTube